住宅ローン比較|借り換え、金利、比較、ランキング|2016年12月金利更新

  変動金利年0.497%。がんと診断されただけで住宅ローンが半分になるがん50%保障団信はじぶん銀行だけ!
2013-09-04 カテゴリー: 住宅ローン全般

住宅金融支援機構、2013年6月実施の民間住宅ローンの実態調査を公表

独立行政法人の住宅金融支援機構が、2013年度民間住宅ローン利用者の実態調査【民間住宅ローン利用予定者編】(第1回)を実施、その結果を発表しました。

この調査は、今後5年以内に、住宅を取得する計画があり、かつ、民間住宅ローンを利用する予定の方を対象にしてインターネットによるアンケート調査を2013年6月に実施したものとのことです。

●人気の金利に変化の兆し。「固定期間選択型」が増加。 「固定期間選択型」の希望割合は39.2%(前回調査(2013年2月):34.4%)に増加し、「変動型」は24.8%(前回調査:29.4%)と減少した。一方、「全期間固定型」は36.0%(前回調査:36.2%)と、ほぼ横ばいの水準です。

●住宅購入意欲は低下 今は住宅取得のチャンスだと思う方の割合は47.2%(前回調査:55.5%)に減少しています。

その他の詳細な実施結果は住宅金融支援機構のホームページからご確認ください。 住宅金融支援機構

最新の住宅ローンの比較・ランキングはコチラ
住信SBIネット銀行の住宅ローン | ソニー銀行の住宅ローン | イオン銀行の住宅ローン | 新生銀行の住宅ローン | 楽天銀行の住宅ローン | ARUHI(旧SBIモーゲージ)の住宅ローン | じぶん銀行の住宅ローン
© 2016 住宅ローン比較. All rights reserved.