住宅ローン比較|借り換え、金利、比較、ランキング|2016年12月金利更新

  がんと診断されると住宅ローンの残高が半額になる保障が無料で付いてこの金利!変動金利年0.497%、10年固定金利0.500%!じぶん銀行の住宅ローン
2014-09-08 カテゴリー: 住宅ローン全般

住宅ローンに関する理解度アンケート結果

SBIモーゲージとオールアバウトが共同で行った「住宅ローンに関する調査」の結果を発表しています。

この調査は、首都圏の1都3県在住で、最近3年以内に住宅ローンを組んで住宅を購入した30代~50代の男性636人から得た回答を得たということのようです。

更に636人を「自分で探した金融機関でローンを組んだ人」297人と、「不動産業者などから紹介された金融機関で住宅ローンを組んだ人」339人に分けて、それぞれ傾向の違いを探っています。

<要点>

■ 毎月の住宅ローンの支払金額」は、業者から紹介された金融機関で借りた人よりも、自分で金融機関を探した人の方が認知度が高く、「1円単位まで知っている」人も多い。

■ 「現在借りている住宅ローンの金利」についても同様に聞いたところ、「小数点以下まで把握している」のは、「自分で探して選んだ人」が42.1%、「業者から紹介されて選んだ人」は31.9%と、約10ポイントの差に。

■「住宅購入時の費用について誰かに相談をしたか」を年代別に聞いたところ、自分で探して選んだ人は「金融機関の担当者」が最も多く、以下「配偶者」「住宅販売会社、不動産会社の担当者」。特に30代は「Web、書籍等で調べた」「過去に住宅を購入したことのある友人、知人」といった項目が他の年代よりも高く、情報収集が幅広で積極的な結果に。一方、業者から紹介されて選んだ人は「住宅販売会社、不動産会社の担当者」が最も多く、特に30代では半数以上の57.4%と過半数。

■「今借りている住宅ローンが今後どのように変わるか」について聞いたところ、業者から紹介されて選んだ人は、「あまり変わらない気がする」「よくわからない」といった不明確な回答が、自分で選んだ人よりも多い傾向。

当サイトをご覧になっている皆様は、「自分で住宅ローンを探している人」だと思います。これだけインターネットが普及し、情報があふれている時代でも、住宅ローンは不動産会社との提携している金融機関と契約してしまう、というケースが非常に多いと言われています。

このアンケート結果は選択肢も多く情報が流通している1都3県での調査結果です。これが、地方にも拡大したら更にかわる事が予想されますね。

自分で情報を集めてしっかりと住宅ローンを選ぶ事は非常に大切なことです。当サイトの情報もぜひ参考の1つとしていただき、ご自身に合った住宅ローンを選んでください。

最新の住宅ローンの比較・ランキングはコチラ
住信SBIネット銀行の住宅ローン | ソニー銀行の住宅ローン | イオン銀行の住宅ローン | 新生銀行の住宅ローン | 楽天銀行の住宅ローン | ARUHI(旧SBIモーゲージ)の住宅ローン | じぶん銀行の住宅ローン
© 2016 住宅ローン比較. All rights reserved.