住宅ローン比較|借り換え、金利、比較、ランキング|2016年12月金利更新

  がんと診断されると住宅ローンの残高が半額になる保障が無料で付いてこの金利!変動金利年0.497%、10年固定金利0.500%!じぶん銀行の住宅ローン
2014-05-14 カテゴリー: 経済全般

物価連動債を個人に解禁へ、財務相表明|2015年1月より

昨日、5月13日の閣議後の記者会見で麻生財務相は物価連動債の保有を個人にも認める方針を表明しました。 本サイトでもご紹介してましたが、物価が下がっても元本割れを起こさない仕組みの導入、税制面の決着があり個人投資家に解禁する環境が整ったと判断したのでしょう。

過去の物価連動債に関する記事はコチラ

物価連動債は物価が上昇すると元本が連動し大きくなり、受け取れる利息も大きくなるためインフレによる価値の目減りを防げる特徴があります。

昨年の10月に5年ぶりの発行を行い、機関投資家の人気が高く、今後のインフレ期待を表していると考えられていました。

 

今後、物価連動債は個人へ解禁された後、どの程度の需要が発生するのかは個人が今後のインフレをどう考えているのか推測する指標となりえそうです。

2015年1月は日銀が目指す物価上昇2%の第1のゴール地点と言えるタイミングです。

日銀の目指すように物価は上昇しているが、一方で現在のように金利は低位の推移しているのか、金利も大きく上昇するのか予想するのは難しいですが、物価が上昇する中で金利が低位で安定することは奇異なことです。

 

2014年5月の適用金利はフラット35は過去最低金利を更新し、その他主要銀行も引き下げに動きました。

金利が上昇に動く前に、借り換えや新規の借り入れを検討されてはいかがでしょうか?

 

<注目の住宅ローン比較・ランキング・特集>

人気の固7年・15年定金利住宅ローンを徹底比較

借り換えにおすすめの住宅ローンを金利・費用・利便性からランキング形式で紹介

【特集】当初10年固定金利への借り換え効果の比較シミュレーション

ネットで人気の住宅ローン(変動金利)を徹底比較

 

<おすすめの住宅ローン公式サイト>

ソニー銀行公式サイト

住信SBIネット銀行公式サイト

イオン銀行公式サイト

新生銀行公式サイト

 

 

最新の住宅ローンの比較・ランキングはコチラ
住信SBIネット銀行の住宅ローン | ソニー銀行の住宅ローン | イオン銀行の住宅ローン | 新生銀行の住宅ローン | 楽天銀行の住宅ローン | ARUHI(旧SBIモーゲージ)の住宅ローン | じぶん銀行の住宅ローン
© 2016 住宅ローン比較. All rights reserved.