住宅ローン比較|借り換え、金利、比較、ランキング|2017年3月金利更新

  変動金利年0.497%。がんと診断されただけで住宅ローンが半分になるがん50%保障団信はじぶん銀行だけ!
2016-07-13 カテゴリー: 住宅ローン全般

SBIマネープラザ、MR.住宅ローンREAL 過去最低金利を更新!/2016年7月適用金利

住信SBIネット銀行と同じくSBIグループでリアル店舗で保険や住宅ローンの仲介業務を行うSBIマネープラザの2016年7月適用金利が発表されました。

住信SBIネット銀行のネット専用住宅ローンと同じ金利となり、変動固定が年0.568%、10年固定が0.510%、20年固定が0.760%、35年固定金利が0.970%となります。

住信SBIネット銀行が銀行代理業で取り扱う三井住友信託銀行のネット専用住宅ローンの金利と比較して、30年固定・35年固定の金利が大幅に低くなっている点が7月の特徴です。金利水準としてはフラット35とほぼ同様であるため驚くの低金利を提示したことになります。

SBIマネープラザの住宅ローンはネット銀行の住宅ローンの低金利には魅力を感じるがface to faceのサポートが欲しい、相談がしたいという方には非常に適した住宅ローンサービスとなります。

SBIマネープラザは沖縄を除く全国に店舗を有しています。

なお、SBIマネープラザが取り扱う住宅ローンはMr.住宅ローンとなるため、傷害補償などが無料で付帯されるのもSBIマネープラザで住宅ローンを組むメリットとなります。

sbimoneyplaza

日銀のマイナス金利導入以後、各金融機関への住宅ローン審査申し込みが殺到しています。住宅ローン借り換えを検討している方は早め早めの審査申し込みを心がけたいですね。

 

img_index_01

<低金利住宅ローン公式サイトはこちらから>

じぶん銀行公式サイト

住信SBIネット銀行公式サイト

ソニー銀行公式サイト

楽天銀行の公式サイト

 

<注目の住宅ローン比較・ランキング・特集>

借り換えにおすすめの住宅ローンを金利・費用・利便性からランキング形式で紹介

ネットで人気の変動金利タイプの住宅ローン(新生銀行・じぶん銀行・住信SBIネット銀行)を徹底比較

フラット35への借り換えを比較。借り換え軽減効果は?

最新の住宅ローンの比較・ランキングはコチラ
住信SBIネット銀行の住宅ローン | ソニー銀行の住宅ローン | イオン銀行の住宅ローン | 新生銀行の住宅ローン | 楽天銀行の住宅ローン | ARUHI(旧SBIモーゲージ)の住宅ローン | じぶん銀行の住宅ローン
© 2017 住宅ローン比較. All rights reserved.