住宅ローン比較|借り換え、金利、比較、ランキング|2017年3月金利更新

  変動金利年0.497%。がんと診断されただけで住宅ローンが半分になるがん50%保障団信はじぶん銀行だけ!
2016-06-03 カテゴリー: 住宅ローン全般

2016年6月のフラット35の金利動向・予想

 

<2016年6月3日追記>

 

2016年6月のフラット35の金利が出そろいましたので改めて今月のフラット35の金利動向を振り返ってみましょう。結論としては、5月の中旬に予想した通り、わずかですが金利が上昇する形になりました。20年以内の金利が予想よりも少しだけ大きい幅で金利上昇していますが概ね予想通りの金利動向でした。なお、フラット35の金利が上昇するのはなんと8カ月ぶりです。8カ月ぶりの上昇で、この上昇幅ですので引き続きフラット35の金利が歴史的低金利水準の中でも超低金利水準にあることがわかりますね。

 

◆ 2016年6月のフラット35金利の”予想”

 - 借入期間20年まで:0.970%(前月比 +0.01%)

 - 借入期間35年まで:1.100%(前月比 +0.02%)

◆ 2016年6月のフラット35金利の”結果”

 - 借入期間20年まで:0.990%(前月比 +0.03%)

 - 借入期間35年まで:1.100%(前月比 +0.02%)

 

※上記の金利は、フラット35の中で最低金利を提示している楽天銀行住信SBIネット銀行などの金利です。数多くあるフラット35取扱金融機関の中には上記よりも高い金利を提示している金融機関が多く存在しますので注意してください。

 

当サイトでは、フラット35取扱金融機関の中でも、毎月最低金利水準を提示していて、かつ、ポイントサービスや疾病保障などの独自のサービスをしっかりと提供し差別化を図る企業努力をしている楽天銀行住信SBIネット銀行をおすすめしています。詳しくは各社のWEBサイトや当サイトの特集コンテンツをご参考いただければと思います。

 

楽天銀行公式サイトはこちら

住信SBIネット銀行公式サイトはこちら

 

<注目の住宅ローン比較・ランキング・特集>

フラット35への借り換えを比較。借り換え軽減効果は?

借り換えにおすすめの住宅ローンを金利・費用・利便性からランキング形式で紹介

ネットで人気の変動金利タイプの住宅ローン(新生銀行・イオン銀行・住信SBIネット銀行)を徹底比較

 

<以下は5月中旬に6月金利動向を予想した記事です>

 

2016年5月17日にフラット35を提供する住宅金融支援機構が発行している第109回の住宅金融支援機構債券の募集要項が発表されました。

約1か月前に条件が決定している第108回の同債券の0.36%と前々回から0.14%も低下し0.34%となっていましたが、今回は+0.02%わずかに利回りが上昇しています。

 

フラット35は今月(2016年4月)過去最低金利を大幅に更新していましたが、5月はやや上昇(維持と言っても良いぐらい)するとみられます。

 

毎月、お伝えしてしている通り、住宅金融支援機構が募集するこの債券の利回りは翌月のフラット35の金利動向を予想するうえで非常に参考となる指標(フラット35の金利と連動して動く指標)です。同債券が0.36%と異例の低利回りだった前回とほぼ変わらない水準ですので、2016年6月のフラット35の金利は、据え置き~わずかな上昇と予想できます。

 

それでは6月のフラット35の金利を具体的に予想してみましょう。

 

◆ 2016年6月のフラット35金利の予想

 

 - 借入期間20年まで:0.970%(前月比 +0.01%)

 - 借入期間35年まで:1.100%(前月比 +0.02%)

 

※上記の金利は、フラット35の中で最低金利を提示している楽天銀行住信SBIネット銀行などの金利を予想しているものです。フラット35は提供する金融機関によって金利や条件が異なりますので注意しましょう。

 

当サイトでは、フラット35を取り扱っている数多くの金融機関の中で低金利と借り入れ時の初期費用の低さを両立させている最もおトクなフラット35を提供している金融機関は楽天銀行と考えています。毎月、低い金利を提示しているのはもちろん、契約時に必要になる事務手数料も他のフラット35提供金融機関の半額程度となっています。もちろん、借り換えにも対応していますし、フラット35からの借り換えも問題なく行えます。

 

また、フラット35取り扱い金融機関としては最後発組の住信SBIネット銀行にも注目です。事務手数料は楽天銀行と比べるとやや高いものの、住信SBIネット銀行ならではのサービスとして、ネット専用住宅ローンの人気の理由の1つである8疾病保障が付帯している点は商品性が横並びになりつつあるフラット35業界の中で特筆すべきサービス性だと考えています。

 

<当サイトおすすめのフラット35取扱金融機関公式サイト>

楽天銀行公式サイトはこちら

住信SBIネット銀行公式サイトはこちら

 

<注目の住宅ローン比較・ランキング・特集>

フラット35への借り換えを比較。借り換え軽減効果は?

借り換えにおすすめの住宅ローンを金利・費用・利便性からランキング形式で紹介

ネットで人気の変動金利タイプの住宅ローン(新生銀行・イオン銀行・住信SBIネット銀行)を徹底比較

最新の住宅ローンの比較・ランキングはコチラ
住信SBIネット銀行の住宅ローン | ソニー銀行の住宅ローン | イオン銀行の住宅ローン | 新生銀行の住宅ローン | 楽天銀行の住宅ローン | ARUHI(旧SBIモーゲージ)の住宅ローン | じぶん銀行の住宅ローン
© 2017 住宅ローン比較. All rights reserved.