住宅ローン比較|借り換え、金利、比較、ランキング|2016年12月金利更新

  変動金利年0.497%。がんと診断されただけで住宅ローンが半分になるがん50%保障団信はじぶん銀行だけ!
2014-04-10 カテゴリー: 住宅ローン全般

イオン銀行が2014年4月の住宅ローン金利を据え置きへ

2014年4月10日以降のイオン銀行の住宅ローン金利が発表されました。予想通り、変動金利は0.770%、10年固定金利は1.250%と据え置きを発表しています。また、3年固定は0.85%、5年固定も1.00%と共に魅力的な金利水準を維持しています。

4月は、ほぼ全ての銀行で10年固定金利を中心に金利引き上げに踏み切っていますので、イオン銀行の金利据え置きにより4月のイオン銀行の住宅ローンの魅力が高まったと言えるでしょう。

今月に限らず、イオン銀行の住宅ローン金利は、他の住宅ローンと比較しても変動がほとんどありません。 実際、この1年以上、変動金利は0.770%、10年固定金利は1.250%を維持し続けています。住宅ローンは申し込みから借り入れまで数週間かかるのが一般的ですので、申し込み時に金利が低くても借り入れ時に金利が上昇していると、その上昇した金利が適用されてしまいます。

例えば3月に住宅ローンに申し込んでも4月に契約になった場合、4月の金利が適用されます。4月は大半の銀行で住宅ローン金利が上昇していますので4月に住宅ローンの契約を行っている人の多くは申し込み時よりも高い金利で借り入れしていることになります。そう言った意味で、金利をほとんど変更せずに提供しているイオン銀行の住宅ローンは、非常に安心して借り入れまでを待つことができることになります。

他の住宅ローンとの比較においても同様です。通常からイオン銀行の住宅ローンは業界最低水準の金利を提供している状況ですが、他の住宅ローンが金利を引き上げに踏み切るような時期にはイオン銀行の住宅ローンが更に有利になることがあります。

住宅ローンは長い年月返済を続けるローンです。少しでも有利な住宅ローンを選ぶことは非常に重要です。変動の少ないイオン銀行の住宅ローンを金利上昇に備えて申し込んでみるというのは有効な手段です。

また、イオン銀行の住宅ローンは金利以外にも魅力的な商品性となっており、イオンでの買い物がいつでも5%OFFになる特典がついています。 毎月10万円の生活用品をイオンで買ったとすると10年間で60万円、30年ならなんと180万円もお得になる計算です

もちろん毎月そこまで買い物しないかも知れませんが、家族や親族、友人とイオンに買い物に行ってまとめて清算すれば、更にお得になりますね。この特典は見逃せませんね。

イオン銀行の住宅ローンの詳細、仮審査の申し込みはこちら

最新の住宅ローンの比較・ランキングはコチラ
住信SBIネット銀行の住宅ローン | ソニー銀行の住宅ローン | イオン銀行の住宅ローン | 新生銀行の住宅ローン | 楽天銀行の住宅ローン | ARUHI(旧SBIモーゲージ)の住宅ローン | じぶん銀行の住宅ローン
© 2016 住宅ローン比較. All rights reserved.