住宅ローン比較|借り換え、金利、比較、ランキング|2016年12月金利更新

  変動金利年0.497%。がんと診断されただけで住宅ローンが半分になるがん50%保障団信はじぶん銀行だけ!
2014-09-01 カテゴリー: 住宅ローン全般

<過去最低金利更新!>2014年9月のフラット35の金利動向

<2014年9月1日更新>

住宅金融支援機構が9月1日にフラット35の9月の適用金利を発表しましたね。借り入れ期間35年の住宅ローンのうち最も低い金利は1・66%で、フラット35の取り扱い開始以来の最低金利を更新しています。当サイトの予測よりも0.02%も低い金利となっており、フラット35の取り扱いが始まってから10年以上の歴史の中でもっとも低い金利となっています。借り入れ期間が20年以下の金利も1.38%と過去最低金利を更新しています。

つまり、2014年9月にフラット35の借り入れを行う人たちは、これまでの10年以上の間にフラット35を借りた誰よりも低い金利で住宅ローンを組めるという事になります。フラット35を既に借り入れている人も借り換えは可能ですので、放置してしまわないように注意しましょう。

史上最低金利を更新した9月、フラット35に注目です。

フラット35は金融機関によって金利や手数料が異なります。以下の2つの金融機関はフラット35取り扱い金融機関の中でも積極的に取り組んでおり大変おすすめできる金融機関です。

■ おすすめのフラット35取り扱い金融機関

4年連続でフラット35の取り扱いシェア1位の実力。フラット35の代名詞的存在のSBIモーゲージ

フラット35の最低水準の金利+低い事務手数料が魅力楽天銀行

 

<2014年8月27日投稿>

2014年8月は長期金利の低下によりフラット35は取り扱い開始以来最も低い金利(20年以上でなんと1.690%)となっています。取り扱い金融機関全ての金利を平均した平均金利も5ヶ月連続で低下しており、まさにフラット35への借り入れ・借り換えを行う絶好のタイミングと言えました。

それでは、2014年9月のフラット35の金利はどのように推移するのでしょうか?フラット35の金利を予想する際に指標となる、住宅金融支援機構の発行する「貸付債券担保住宅金融支援機構債券」の募集要項を確認してみましょう。8月22日に条件が決定したばかりの同債券の利回りは0.93%と前月の0.96%を更に下回っています。(最新の住宅金融支援機構・「貸付債権担保住宅金融支援機構債券」の募集要項はこちらから確認できます

わずか数年前に発行された第1回の同債券の利回りは2%を超えていました。今はその半分以下の利回りという事で、いかに低金利が継続しているかがわかりますね。

今回のこの発表を受けて、2014年9月のフラット35は更に低下する可能性が高まってきたと言えます。先日、ソニー銀行が2014年9月の金利の引き下げを発表していますが、2014年9月は今月以上の低金利が期待出来そうです。住宅市場にとって9月は1年の中で2番目に活況な月と言われています。つまり、住宅ローンの借り入れを行う人が非常に多い月になるという事ですので、人気の住宅ローンは借り入れ手続きを完了するまでに非常に時間がかかる事が予想されます。低金利を更新する可能性の高い9月を逃さないよう、早め早めに申し込みを行っておくと良いでしょう。

 ■ フラット35予想金利(2014年9月)

35年:1.68%程度(引き下げ予想)

20年:1.40%程度(引き下げ予想)

 

住宅ローンの借入期間を通じて金利を固定するフラット35は今後の金利上昇リスクに備える為に非常に安心できる住宅ローンの1つです。過去最低水準の金利で推移しているこのタイミングを逃さないようにしましょう。なお、上記の予測金利は最低金利を提供する金融機関での金利の予想ですのですので注意してください。

また、当サイトのおすすめのフラット35取り扱い金融機関は、4年連続でフラット35の取り扱いシェア1位の獲得しているSBIモーゲージとそのSBIモーゲージよりも低い事務手数料を提供するなど積極的にフラット35に取り組んでいる楽天銀行していますのでフラット35を検討中の方は有力な検討先の1つとなるでしょう。

最新の住宅ローンの比較・ランキングはコチラ
住信SBIネット銀行の住宅ローン | ソニー銀行の住宅ローン | イオン銀行の住宅ローン | 新生銀行の住宅ローン | 楽天銀行の住宅ローン | ARUHI(旧SBIモーゲージ)の住宅ローン | じぶん銀行の住宅ローン
© 2016 住宅ローン比較. All rights reserved.