住宅ローン比較|借り換え、金利、比較、ランキング|2016年12月金利更新

  変動金利年0.497%。がんと診断されただけで住宅ローンが半分になるがん50%保障団信はじぶん銀行だけ!
2014-02-04 カテゴリー: 住宅ローン全般

2014年2月のフラット35の金利動向

2014年2月の住宅ローン金利が出そろいましたが、一度、2014年2月のフラット35の金利動向を確認してみましょう。

住宅金融支援機構と様々な金融機関が提供する長期固定住宅ローン「フラット35」の2014年2月の適用金利がフラット35の提供開始以来過去最低金利を記録しました。

住宅金融支援機構の発表によると「返済期間21年以上35年以下」の最低金利は、過去最低に並んでいた前月より0・01%低い年1・79%となり、昨年4月以来10カ月ぶりに最低を更新、フラット35取り扱い開始以来の最低水準の金利となっています。

金利の引き下げは2カ月ぶりで、金利低下の要因は指標である長期金利が低い水準で推移している為です。なお、「返済期間20年以下」の金利動向は少し異なり、最低金利は1月より0・01%高い1・53%となり、2カ月連続で上昇しています。

 

<おすすめのフラット35取り扱い金融機関>

SBIモーゲージのフラット35(フラット35取り扱いシェアNo1!)

楽天銀行のフラット35(手数料の低さは必見!楽天スーパーポイントもどんどんたまる!)

 

<おすすめの住宅ローン>

 住信SBIネット銀行公式サイト

イオン銀行公式サイト(10年固定金利は脅威の1.250%)

新生銀行公式サイト(育児・家事代行サービスのついた安心パックW新登場!)

ソニー銀行公式サイト(変動金利セレクト住宅ローンなら金利0.599%!)

りそな銀行公式サイト(大手金融機関の安心と独自のサービスは必見)

最新の住宅ローンの比較・ランキングはコチラ
住信SBIネット銀行の住宅ローン | ソニー銀行の住宅ローン | イオン銀行の住宅ローン | 新生銀行の住宅ローン | 楽天銀行の住宅ローン | ARUHI(旧SBIモーゲージ)の住宅ローン | じぶん銀行の住宅ローン
© 2016 住宅ローン比較. All rights reserved.