住宅ローン比較|借り換え、金利、比較、ランキング|2016年12月金利更新

  変動金利年0.497%。がんと診断されただけで住宅ローンが半分になるがん50%保障団信はじぶん銀行だけ!
2014-11-24 カテゴリー: 住宅ローン全般

2014年12月の住宅ローン金利の動向と予想

2014年11月も下旬に差し掛かり、2014年の師走が目の前に迫ってきました。新年から新しい新居へ住まれる方や2015年3月までに新居に引っ越しする事を予定している人、新年に向けて家計の見直しと共に住宅ローンの借り換えを検討されている方など、忙しく過ごされている事と思います。

2014年は住宅ローンを新たに組んだ人にとっては、非常にうれしい1年でした。また、この低金利を活用して住宅ローンの借り換えを行った人は、毎月の住宅ローンの返済ががグッと減っていることと思います。

長い住宅ローンの歴史の中でも最低金利を記録した2014年は、この上ない住宅ローン借り入れ・借り換えタイミングだったと言えます。

そんな2014年を締めくくる12月の住宅ローンの金利動向を予想・確認してみましょう。

 まず、変動金利です。変動金利はイオン銀行が0.570%の圧倒的な低金利を継続提供しています。イオン銀行で住宅ローンの借り入れを行うとイオンでの買い物がいつでも5%OFFになる特典もあり非常に人気を集めています。2014年はイオン銀行が一躍住宅ローン市場をにぎわした年になりましたが、その低金利は12月も継続されるものと思います。また、ソニー銀行はイオン銀行に対抗するような形で、0.539%(変動セレクト住宅ローン・頭金10%以上の新規借り入れ場合)の超低金利を提供しています。頭金の用意が難しい場合でも、0.589%とイオン銀行と肩を並べる低金利です。

改めて2014年12月の住宅ローンの変動金利の動向を予測してみましょう。こちらの記事でも紹介させていただいた、住宅ローンのみならず短期ものの金利に大きな影響を与える指標(無担保コールレート(オーバーナイト物))の動向確認すると、ほぼ横ばいが続いています。

やはり、変動金利は基本的に据え置きになる可能性が高いと言えそうで、変動金利での借り入れ・借り換えを考えている人にとって、このイオン銀行・ソニー銀行の2つの銀行は最有力の選択肢であることは間違いなさそうですね。

■ 無担保コールレート(オーバーナイト物)の金利推移

平均 最高 最低
2013年1月4日 0.075% 0.150% 0.060%
2013年6月3日 0.074% 0.145% 0.065%
2014年1月7日 0.072% 0.130% 0.060%
2014年6月2日 0.067% 0.135% 0.050%
2014年6月24日 0.066% 0.135% 0.055%
2014年7月10日 0.064% 0.135% 0.030%
2014年8月14日 0.068% 0.135% 0.040%
2014年9月18日 0.068% 0.135% 0.055%
2014年10月17日 0.059% 0.135% 0.030%
2014年11月20日 0.066% 0.135% 0.050%

 

次に固定金利を確認してみましょう。長期金利は以下のグラフの通り月中の変動は大きかったものの、ほぼ1ヶ月前と同じく、0.47%近辺推移しています。長期金利自体、過去最低水準の金利を維持していると言えますので、住宅ローンの固定金利もほぼ横ばい傾向になると考えて良いでしょう。

スクリーンショット 2014-11-24 9.50.29

 

<注目の住宅ローン比較・ランキング・特集>

人気の固定金利7年・15年定金利住宅ローンを徹底比較

借り換えにおすすめの住宅ローンを金利・費用・利便性からランキング形式で紹介

【特集】当初10年固定金利への借り換え効果の比較シミュレーション

ネットで人気の住宅ローン(変動金利)を徹底比較

 

<おすすめの住宅ローン公式サイト>

ソニー銀行公式サイト

住信SBIネット銀行公式サイト

イオン銀行公式サイト

新生銀行公式サイト

 

最新の住宅ローンの比較・ランキングはコチラ
住信SBIネット銀行の住宅ローン | ソニー銀行の住宅ローン | イオン銀行の住宅ローン | 新生銀行の住宅ローン | 楽天銀行の住宅ローン | ARUHI(旧SBIモーゲージ)の住宅ローン | じぶん銀行の住宅ローン
© 2016 住宅ローン比較. All rights reserved.