住宅ローン比較|借り換え、金利、比較、ランキング|2016年12月金利更新

  がんと診断されると住宅ローンの残高が半額になる保障が無料で付いてこの金利!変動金利年0.497%、10年固定金利0.500%!じぶん銀行の住宅ローン
2013-07-17 カテゴリー: 住宅ローン全般

米住宅ローン金利が上昇、30年固定型は2年ぶり高水準4.51%

ブルームバーグによると、米国では30年物の住宅ローン金利が2年ぶりの高水準に達し、労働市場改善の兆しを背景に借り入れコストは上昇しているとの事です。 フレディマック(米連邦住宅貸付抵当公社)発表によると、30年 固定金利型の住宅ローン金利(平均値)は4.51%と、先週の4.29%から上昇し、2011年7月以来の高水準となった。15年固定金利型(同)は3.53%で、先週の3.39%を上回った。 30年物金利は5月初旬に3.35%と過去最低付近をつけたものの、景気回復に伴い金融当局が債券購入を縮小するとの期待を背景に上昇している。雇用 の改善に伴って買い手が増える中、在庫 逼迫(ひっぱく)を受けて住宅価格は押し上げられている。 キャピタル・エコノミクスの不動産エコノミスト、ポール・ディグル氏は10日の調査リポートで、「住宅ローン金利の上昇を受けて、住宅の値ごろ感はややなくなったが、過去の平均よりはかなり良好な状況にとどまっている」と指摘。「価格上昇が強く持続しており、金利の上昇が住宅市場の回復を妨げる兆候はほとんど見られない」と述べています。 米国、日本共に長期金利の上昇傾向が確認できています。長期金利に続いて短期金利も上昇傾向になる可能性が十分にありえます。
最新の住宅ローンの比較・ランキングはコチラ
住信SBIネット銀行の住宅ローン | ソニー銀行の住宅ローン | イオン銀行の住宅ローン | 新生銀行の住宅ローン | 楽天銀行の住宅ローン | ARUHI(旧SBIモーゲージ)の住宅ローン | じぶん銀行の住宅ローン
© 2016 住宅ローン比較. All rights reserved.