住宅ローン比較|借り換え、金利、比較、ランキング|2016年12月金利更新

  がんと診断されると住宅ローンの残高が半額になる保障が無料で付いてこの金利!変動金利年0.497%、10年固定金利0.500%!じぶん銀行の住宅ローン
2013-08-16 カテゴリー: 住宅ローン全般

激化する住宅ローン顧客獲得争いは金利引き下げから次のステージ

三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友信託銀行、住信SBIネット銀行の4行が異例の月中での金利引き下げを実行した2013年8月。来年4月に予定されている消費増税前の駆け込み需要を取り込みがその目的です。ただし、史上最低水準を推移している中で、これ以上の金利引き下げが行える余地はほとんど残っていない、と関係者からコメントもではじめています。

そんな中、第二の競争は金利以外の商品性に移りつつあるようです。例えばみずほ銀は今月19日から、出産や子供の進学などその時々の家計収支に応じて返済額を増減できる新サービスを始める、と発表しています。似たようなサービスに新生銀行の安心パック、コントロール返済がありますが、よりきめ細やかな設定ができるようです。例えば、配偶者の産休で収入減となったり、子供の進学で教育費が増えたりした際に計5年返済額を減らせる一方、子供の就職などで余裕ができた場合に返済額を増やす、と言った使い方が出来ます。

各行が金利引き下げやサービス拡充を競う背景には、消費増税前の駆け込み需要がありますが、2014年3月末までに物件引き渡しを終えれば、消費税は現行の5%が適用されますので、ユーザーも銀行も不動産会社も躍起になっている、と言うわけです。

他にも新生銀行はリフォーム資金にも住宅ローン金利と同金利を適用できるようにしていますし、りそな銀行や住信SBIネット銀行は女性専用ローンの提供を今年になって開始しています。

激化する住宅ローンの顧客獲得争い、引き続き当サイトスピーディかつ幅広に情報をお届けしていきたいと思います。

最新の住宅ローンの比較・ランキングはコチラ
住信SBIネット銀行の住宅ローン | ソニー銀行の住宅ローン | イオン銀行の住宅ローン | 新生銀行の住宅ローン | 楽天銀行の住宅ローン | ARUHI(旧SBIモーゲージ)の住宅ローン | じぶん銀行の住宅ローン
© 2016 住宅ローン比較. All rights reserved.