住宅ローン比較|借り換え、金利、比較、ランキング|2016年12月金利更新

  変動金利年0.497%。がんと診断されただけで住宅ローンが半分になるがん50%保障団信はじぶん銀行だけ!
2015-01-06 カテゴリー: 住宅ローン全般

住宅ローン選び 便利なシミュレーションページを活用しよう!

日本の住宅ローンはリコース型(遡及型)ローンと言われています。これは担保価値が3千万円で、住宅ローンの残債が4千万円だった場合、競売で住宅を処分しても担保価値を上回る残債1千万円が無担保型ローンとして残り、最後まで返済しなければなりません。

つまり、借りたときの担保評価額が大幅に下がってしまった場合、万が一返済が厳しくなり、担保を手放したとしても、返済残額が残ることがあり得る怖い話です。

(ちなみに海外の住宅ローンは、ノンリコース型(非遡及型)ローンと言われていて、返済者の負担は担保価値の3千万円に限定され、担保価値を上回る部分の残債はなくなるそうです。)

住宅を購入するときに、その物件の価値が今後どれだけ下がるか、夢のある話ではないので、あまり考える人は多くないでしょう。しかし住宅ローンを抱えて住宅を購入する際には、上記のようなリスクがあることは理解しておいた方が良いと思います。

その上で、住宅ローンをいくら借りるか慎重に検討する必要があります。

最近は主要銀行のホームページでは、とても便利なシミュレーションを用意しています。

「いくら借りられるか?」「毎月の返済額はいくらか?」「借り換えをしたらどれだけのメリットがあるか?」借りる前に調べてみたくなったら、まず銀行のホームページを調べてみてください。

価値が下がらない好物件を購入するのはもちろんですが、借りすぎに注意して、返済総額を抑える優良な住宅ローンを選ぶことも大事だと思います。

<主要銀行 注目の住宅ローンシミュレーション>

お借入れ金額5秒診断!?イオン銀行公式サイト

新規も借換えも簡単シミュレーション ソニー銀行公式サイト

ミックス・ローンやペアローン、繰上げ返済も!住信SBIネット銀行公式サイト

最新の住宅ローンの比較・ランキングはコチラ
住信SBIネット銀行の住宅ローン | ソニー銀行の住宅ローン | イオン銀行の住宅ローン | 新生銀行の住宅ローン | 楽天銀行の住宅ローン | ARUHI(旧SBIモーゲージ)の住宅ローン | じぶん銀行の住宅ローン
© 2016 住宅ローン比較. All rights reserved.