住宅ローン比較|借り換え、金利、比較、ランキング|2016年12月金利更新

  変動金利年0.497%。がんと診断されただけで住宅ローンが半分になるがん50%保障団信はじぶん銀行だけ!
2014-07-24 カテゴリー: 住宅ローン全般

フラット35の繰上返済手数料無料で10万円から返済可能に

2014年7月27日からフラット35の一部繰上返済がインターネットで10万円以上から可能になるのをご存知でしたかか?

住宅金融支援機構が提供しているフラット35のインターネットサービス「住・My Note」を利用していればネットから簡単・気軽に繰り上げ返済できるようになります。これまでは100万円以上のまとまった繰り上げ返済しか出来ず気軽に返済できず、ネットで簡単に繰り上げ返済出来る一般の住宅ローンと比較すると利便性が少し劣っていたフラット35ですが10万円からであれば利便性は大きくあがりますね。

 

ただし、1カ月前までに申し込まなければいけないであったり、毎月の返済日にまとめて返済できるだけという点、2カ月以上連続して利用できないなどまだまだ使い勝手に改善の余地が残っているようですね。少なくともいつでも・気軽に・無料で繰り上げ返済をしていける住宅ローンと比較すると、少し見劣りしてしまいます。今後の更なる改善に期待しましょう。

繰り上げ返済は住宅ローンの総返済額を減らす為に重要な手段です。各銀行では非常に力を入れている領域でもあります。

例えば、インターネット専業銀行のソニー銀行や住信SBIネット銀行などでは、繰り上げ返済ももちろんインターネットで簡単にできます。手数料は無料、いつでも受け付けていますし、少額(ソニー銀行は1万円~、住信SBIネット銀行は1円~)からでも繰り上げ返済ができます。店舗がある新生銀行も1円〜手数料無料で出来ます

更に、新生銀行の場合、あらかじめスマート返済を設定しておくと、手続きを行わなくても自動的に繰り上げ返済が行われるといったサービスも提供しています。普通預金で一定額をあらかじめ指定しておき、預金残高が指定した額を上回った場合に、その上回った額を自動的に繰り上げ返済する仕組みですね。例えば、20万円で設定しておくとATMで口座に入金して20万円を超えた分が自動的に繰り上げ返済できてしまうサービスです。

金利・事務手数料・保証料・団信保険料と様々なお金が必要な住宅ローンですが、借り入れ後の利便性もしっかりと考えて選ぶことで、ストレスの無く住宅ローンと付き合っていけるでしょう。

最新の住宅ローンの比較・ランキングはコチラ
住信SBIネット銀行の住宅ローン | ソニー銀行の住宅ローン | イオン銀行の住宅ローン | 新生銀行の住宅ローン | 楽天銀行の住宅ローン | ARUHI(旧SBIモーゲージ)の住宅ローン | じぶん銀行の住宅ローン
© 2016 住宅ローン比較. All rights reserved.