住宅ローン比較|借り換え、金利、比較、ランキング|2016年12月金利更新

  がんと診断されると住宅ローンの残高が半額になる保障が無料で付いてこの金利!変動金利年0.497%、10年固定金利0.500%!じぶん銀行の住宅ローン
2014-08-23 カテゴリー: 住宅ローン全般

ご存知ですか?家事代行サービスと家事代行サービス付住宅ローン

2014年8月23日付の日本経済新聞の女性面で「家事代行って使ってる?」と称して、働く女性や家族をサポートする為に提供されているサービスである「家事代行サービス」の利用実態調査が掲載されています。

働く女性(未婚200人、既婚200人)にアンケート調査した結果、家事代行サービスを利用したことのある人はわずか1.7%にとどまる結果となっています。家事代行サービスを利用しない理由は「自宅に他人が入るのがいやだ」「自分で出来るので必要ない」「ぜいたくだと思う」という回答が上位を占めています。まだまだ日本においては家事を代行してもらうというサービスが浸透しきれていないのがわかりますね。

確かに心理的に不安があるのはわかりますが、専業主婦・共働きに限らず、家事をする時はお子さんを普段よりも怒りがちであったり、お休みの日にゴロゴロしている旦那(主人)に対して不快に感じてしまったりするものです。

家族の時間を少しでも確保する為に、仕事や急な用事で時間がとれない時に効率的に利用する事でメリットが多くある一方、わざわざ申し込んだりする事にどうしても壁が生じてしまいますね。また、費用面でも負担が大きいというのも事実だと思います。

そんな中、新生銀行が取り組んでいる面白いサービスにパワースマート住宅ローン安心パックW(ダブル)があります。このサービスは住宅ローン契約時に約5万円の事務手数料を支払う事で、最大50回の家事代行サービスを利用できるクーポン券が付帯してくるものです。仮に3ヶ月に1回のペースで利用した場合、約10年間家事代行サービスを利用できる事になりますね。また、改まって申し込む必要がないというのもメリットの1つですね。

費用的にも10年間で5万円とすると年間5000円ですのでそれほど負担があるわけではないですね。

新生銀行の住宅ローンは繰り上げ返済手数料や保証料事務取扱手数料が非常に少ない住宅ローンで人気を集めていますが、家事代行に興味のある人は一度サービス内容を新生銀行公式サイトから確認してみると良いでしょう。

 

<当サイトおすすめの住宅ローン公式サイト>

新生銀行公式サイト

ソニー銀行公式サイト

住信SBIネット銀行公式サイト

イオン銀行公式サイト

 

<注目の住宅ローン比較・ランキング・特集>

ネットで人気の住宅ローン(変動金利)を徹底比較

借り換えにおすすめの住宅ローンを金利・費用・利便性からランキング形式で紹介

【特集】当初10年固定金利への借り換え効果の比較シミュレーション

 

 

最新の住宅ローンの比較・ランキングはコチラ
住信SBIネット銀行の住宅ローン | ソニー銀行の住宅ローン | イオン銀行の住宅ローン | 新生銀行の住宅ローン | 楽天銀行の住宅ローン | ARUHI(旧SBIモーゲージ)の住宅ローン | じぶん銀行の住宅ローン
© 2016 住宅ローン比較. All rights reserved.