住宅ローン比較|借り換え、金利、比較、ランキング|2016年12月金利更新

  変動金利年0.497%。がんと診断されただけで住宅ローンが半分になるがん50%保障団信はじぶん銀行だけ!
2014-07-09 カテゴリー: 住宅ローン全般

【速報】長期金利がさらに低下し、0.54%をつける

本日の債券市場で長期金利の利回りがさらに低下し、0.54%を付けています。

長期金利は住宅ローン金利の重要な指標になっており、長期金利が低下すれば住宅ローン金利も低下することとなります。

では、今後さらに住宅ローン金利は一段と低下するのでしょうか?

答えは「No」でしょう。

新規顧客獲得のために、0.01%や0.02%程度の引き下げはあってもこれ以上の低下は難しいでしょう。

何故ならば、金融機関は住宅ローンを貸し出す資金の調達金額と、住宅ローン金利の差が粗利となり、これから人件費、広告宣伝費、貸し倒れ費用などが拠出されることになります。

 

現状の住宅ローン金利が如何に低金利であるかを比較するために、少し極端ではありますが、一例をご紹介したいと思います。

 

ネット銀行で最も高い定期預金金利を出しているオリックス銀行の5年定期預金の金利は0.45%。

一方、5年固定の住宅ローンで最も安い金利を提供している住信SBIネット銀行の金利は0.50%。

 

預金金利と住宅ローンがほぼ同じという状況です。

 

銀行により資金の調達コストが違うために一概には言えませんが、上記のような異常な状態になっています。

その証拠に長期金利の低下は先月半ばから起きていますが、ほとんどの銀行は7月適用の住宅ローン金利を据え置きました。

各銀行にこれ以上の引き下げ余力がないというのが実態でしょう。

 

来週には早々とソニー銀行が8月適用金利を発表します。

引き下げをしたとしても非常にわずかな引き下げになると思いますが、イオン銀行の変動金利0.57%でお株を奪われた、変動金利の最安値を奪還するのか注目です。

 

 

 

 

 

最新の住宅ローンの比較・ランキングはコチラ
住信SBIネット銀行の住宅ローン | ソニー銀行の住宅ローン | イオン銀行の住宅ローン | 新生銀行の住宅ローン | 楽天銀行の住宅ローン | ARUHI(旧SBIモーゲージ)の住宅ローン | じぶん銀行の住宅ローン
© 2016 住宅ローン比較. All rights reserved.