住宅ローン比較|借り換え、金利、比較、ランキング|2016年12月金利更新

  がんと診断されると住宅ローンの残高が半額になる保障が無料で付いてこの金利!変動金利年0.497%、10年固定金利0.500%!じぶん銀行の住宅ローン
2014-08-11 カテゴリー: 住宅ローン全般

【コラム】再び脚光を浴びつつあるリバースモーゲージ

リバースモーゲージとは、自宅を担保に老後の資金を借り、ご自身の死後に子・孫・配偶者等の相続人が自宅を売却して残債を一括で返済する商品です。

この「リバースモーゲージ」が再び注目されはじめています。かつてのバブル期等には一定の人気のあった商品でしたが、バブル崩壊による地価の大幅な下落で担保である住宅の価値も大幅に下がり、多くの金融機関が融資を回収できなくなる状態となり提供する金融機関がほとんどいなくなってしまいました。

それが近年の地価上昇を受け、みずほ銀行などメガバンクも参入する等再び脚光を浴び始めています。


三菱東京UFJ銀行は2014年2月、1都3県(東京、神奈川、千葉、埼玉)の戸建てに住む60歳以上の夫婦か1人暮らしを対象に100万~1500万円を融資形でリバースモーゲージの販売を再開しています。また、みずほ銀行は2013年7月に、メガバンクとして初参入、同じく1都3県で土地評価額2000万円以上の戸建てに、夫婦か1人で住む55歳以上を対象として土地評価額の最大50%(上限1億円)を融資しています。


リバースモーゲージは1981年に東京都武蔵野市が低所得高齢者向けの福祉政策の一環として金融機関と連携して始めたもので、一時は他の自治体や信託銀行なども参入したが、バブル崩壊で地価が下落し、「担保割れ」が相次いで撤退しています。今、アベノミクスによる景気回復の影響で地価が下げ止まり、2013年7月には、都市圏で5年ぶりに上昇しています。

これから住宅ローンを借り入れる人にとってはまだまだ利用は先になると思われるリバースモーゲージですが、将来の生活を豊かにする為に住宅を活用する1つの方法としてこのようなサービスがある事を知っておくと良いかも知れませんね。

 

最新の住宅ローンの比較・ランキングはコチラ
住信SBIネット銀行の住宅ローン | ソニー銀行の住宅ローン | イオン銀行の住宅ローン | 新生銀行の住宅ローン | 楽天銀行の住宅ローン | ARUHI(旧SBIモーゲージ)の住宅ローン | じぶん銀行の住宅ローン
© 2016 住宅ローン比較. All rights reserved.