住宅ローン比較|借り換え、金利、比較、ランキング|2016年12月金利更新

  がんと診断されると住宅ローンの残高が半額になる保障が無料で付いてこの金利!変動金利年0.497%、10年固定金利0.500%!じぶん銀行の住宅ローン
2014-06-26 カテゴリー: 住宅ローン全般

【コラム】住宅ローン変動金利の重要指標(無担保コールレート・オーバーナイト物)

イオン銀行が変動金利を0.570%に大幅に引き下げた事は住宅ローン市場に一石を投じ、各金融機関による2014年の住宅ローン獲得競争が更に進行する可能性が高まってきました。

 

住宅ローンの変動金利は一般的に短期プライムレートを参照していると解説される事が多くあります。基本的な考え方が間違っているわけではないのですが、日銀サイトでも確認出来るとおり、短期プライムレートは2009年1月に1.675%から1.475%(最頻値)に低下して以来、今年の2月まで1.475%で推移しています。5年間変化が無いという事になりますね。その間、住宅ローンの変動金利は大幅に低下しています。つまり、短期プライムレートは参考指標ではあるものの、純粋に短期プライムレートと連動しているわけではない、という事がわかりますね。

 

では、なぜイオン銀行やソニー銀行のように0.6%を下回るまで住宅ローンの金利を引き下げる状況になったのか、金融機関は何を指標として住宅ローンの変動金利を決定しているかということになりますが、その金利決定に大きな影響の与えている指標は、短期金利の代表とも言える「無担保コールレート(オーバーナイト物)」の金利です。この金利は、日銀が誘導値を定めてほぼコントロールしますので、この値動きはほぼ政策金利の動き・日銀による金融政策の反映されていると考えて良い指標です。更にオーバーナイト物より少し長い期間の短期金利(1週間や1か月の金利)もオーバーナイト物の影響を大きく受けます。従って、短期金利は、基本的にはその時点・その時点の金融政策の影響下にあると言えます。

 

回りくどくなってしまいましたが、では、この無担保コールレート(オーバーナイト物)の金利の値動きはどうなっているのでしょうか。日銀のサイトで確認できますので、少し見てみましょう。

■ 無担保コールレート(オーバーナイト物)の金利推移

平均 最高 最低
2013年1月4日 0.075% 0.150% 0.060%
2013年6月3日 0.074% 0.145% 0.065%
2014年1月7日 0.072% 0.130% 0.060%
2014年6月2日 0.067% 0.135% 0.050%
2014年6月24日 0.066% 0.135% 0.055%

日本銀行サイトより抜粋

 

史上空前の住宅ローンの低金利と言われていた2013年と比較しても、2014年の6月(最近)の金利が更に低下している事がわかりますね。6月の月末にかけて更に低下傾向でもあります。月末に予定されている各金融機関の金利動向に注目しましょう。

 

ただし、イオン銀行の0.57%を大きく下回る金利設定はさすがに難しいのではないでしょうか。イオン銀行のこの金利設定はそれだけ思い切ったものです。(金利だけでなく、毎月のイオンでの買い物が5%割引になるサービスもついている住宅ローンですし、総合的に考えてイオン銀行の住宅ローンのおトク差は簡単に追随できる水準ではないと考えます。)

 

<当サイトおすすめの住宅ローン公式サイト>

 

イオン銀行公式サイト

ソニー銀行公式サイト

住信SBIネット銀行公式サイト

新生銀行公式サイト

 

<注目の住宅ローン比較・ランキング・特集>

 

ネットで人気の住宅ローン(変動金利)を徹底比較

人気の7年・15年固定金利住宅ローンを徹底比較

借り換えにおすすめの住宅ローンを金利・費用・利便性からランキング形式で紹介

【特集】当初10年固定金利への借り換え効果の比較シミュレーション

 

最新の住宅ローンの比較・ランキングはコチラ
住信SBIネット銀行の住宅ローン | ソニー銀行の住宅ローン | イオン銀行の住宅ローン | 新生銀行の住宅ローン | 楽天銀行の住宅ローン | ARUHI(旧SBIモーゲージ)の住宅ローン | じぶん銀行の住宅ローン
© 2016 住宅ローン比較. All rights reserved.