住宅ローン比較|借り換え、金利、比較、ランキング|2016年12月金利更新

  がんと診断されると住宅ローンの残高が半額になる保障が無料で付いてこの金利!変動金利年0.497%、10年固定金利0.500%!じぶん銀行の住宅ローン
2013-10-11 カテゴリー: 住宅ローン全般

【コラム】住宅ローンの審査に通りやすいようにするには

住宅ローンの審査を通りやすくする為の方法や審査に通るために出来ることは意外にたくさんあります。もちろん、特に不安な点がなければ何もする必要なく審査に通るケースの方が多いのですが、職業や過去の個人信用に関わる取引履歴に不安がある場合は少しでも解消・対応しておくに方が安心して住宅ローンの審査に望めます。

すぐに出来るものから、時間がかかるものまで。住宅ローンの審査に落ちた理由にごとに通りやすくする方法は変わってきます

  1. 他の借り入れを全て返済すること(出来ればクレジットカードの利用も控える)
  2. 1つの会社で出来るだけ長い期間(2年以上)働くこと(正社員が望ましいですが契約社員でも大丈夫です)
  3. 自営業の場合は、節税対策をやめる(制限する)こと。一定の収入があることを証明する必要があるためです。
  4. 健康状態に問題がある場合は引き受け条件のゆるいワイド団信への加入を検討すること

などがあげられます。また、大手銀行は基準が同じだったりしますので一社が通らないと他社も通らない可能性が高いのですが、地元密着型の信用金庫や新しく出来たインターネット専業銀行などの金融機関は審査基準が違うケースも多く、似たような基準で審査をしている金融機関に申し込むより審査に通る可能性が高までしょう。

また、一般的に中小企業が銀行から融資を受けるときに使う方法でもありますが、普段から積み立てをしておくことも審査に通りやすくなる方法の1つです。(積み立てを行える=毎月きちんと返済していくれるという信用を得る)

例えば、契約社員で、転職したばかりでなかなかローンが通らずにいたときに、ネット銀行や信金などにあたった借りることができたという話もよく耳にします。もし転職の可能性がある場合は、転職前にローンの審査を通してしまう事も審査に通りやすい環境を活用するという意味で効果的です。

  1. 年齢の審査が通りやすい銀行
  2. 職業・勤続年数の審査が通りやすい銀行
  3. 住宅の価値(不動産担保)の面の審査に通りやすい銀行
  4. 健康面(ワイド団信)を緩和して審査に通りやすくしている銀行
  5. 収入面の審査に通りやすい銀行

様々な基準で住宅ローン審査が行われていますので、マイホームや借り換えの夢をあきらめずに住宅ローンの検討を行いましょう。きっと、住宅ローンを貸してくれる銀行、あなたにあった住宅ローンがみつかるはずです。

 

最新の住宅ローンの比較・ランキングはコチラ
住信SBIネット銀行の住宅ローン | ソニー銀行の住宅ローン | イオン銀行の住宅ローン | 新生銀行の住宅ローン | 楽天銀行の住宅ローン | ARUHI(旧SBIモーゲージ)の住宅ローン | じぶん銀行の住宅ローン
© 2016 住宅ローン比較. All rights reserved.