住宅ローン比較|借り換え、金利、比較、ランキング|2017年3月金利更新

  変動金利年0.497%。がんと診断されただけで住宅ローンが半分になるがん50%保障団信はじぶん銀行だけ!
2015-08-19 カテゴリー: 住宅ローン全般

驚異的低金利と国策が理由!?某有名上場企業役員でさえも借りる住宅ローン

某有名ブロガーと某有名上場企業役員とのやり取りが話題です。

テーマは「賃貸住宅に住み続けるのが良いのか?または住宅ローンを借りてマンションや戸建てを買った方が良いのか?」。永遠のテーマでしょうか。笑

このテーマには様々な意見があるため、過去から長い間議論され、これからも議論が続き、決着がつくことがないものかもしれません。

そんな「賃貸 対 住宅ローンで購入」論争に一石を投じるように、有名ブロガーが自身のブログで「35年ローンとか意味不明すぎて笑えるwww」と、35年ローンで借りる全住宅ローン保有者を馬鹿にするような批判的発言がありました。

要は35年もの長期間金を払い続けて同じ家に住み続けることがまともではない、と批判していますが、これに対して、某有名上場企業の執行役員が反論。「俺は35年ローンでマンション買った。」と批判を打ち消すようにSNSでコメントしています。

正直答えはありません。それぞれの主観的な金銭感覚・価値観があり、ローンを借りてまで家を借りる合理性を疑う人や、ローンを借りてまでも自分の城を築きたい人がいるのは、自然だと思います。

ローンを借りて自宅を購入する一般的・庶民的行為を批判する声に注目が集まりがちですが、ここでむしろ注目したいのは、某上場企業役員が住宅ローンを借りてまでマンションを買っている事実です(SNSでの発言が本当なら)。

正直、上場企業執行役員となれば、2、3千万円の年収は普通で、トップ企業であれば一般人には手の届くはずのない3千万円を超えるような高水準の年収があると思います。

その役員が、住宅ローンを借りている事実が驚きです。

それは何故か。

個別事由があるかもしれませんが、おそらく昨今の超低金利水準と、住宅購入を加速させたい国が提供する税制優遇策を合理的に利用しているように思います。

有名ブロガーが、
・35年も同じ家に住むわけがない
・起きるかどうかわからない地震に対して、火災保険や地震保険に入る経済的合理性に乏しい
・子供が巣立ったらどうするのか不安
・今日明日死ぬかもしれないのでローンが払えなくなるリスク
を懸念する一方で、有名上場企業役員が35年ローンを組んでいるということは、現在の35年ローンに、それだけメリットのあると感じる方が、実は重要なポイントだと思います。

驚異的低金利水準!?最新の住宅ローン金利について詳しくは金利比較表をご確認ください。

 

最新の住宅ローンの比較・ランキングはコチラ
住信SBIネット銀行の住宅ローン | ソニー銀行の住宅ローン | イオン銀行の住宅ローン | 新生銀行の住宅ローン | 楽天銀行の住宅ローン | ARUHI(旧SBIモーゲージ)の住宅ローン | じぶん銀行の住宅ローン
© 2017 住宅ローン比較. All rights reserved.