住宅ローン比較|借り換え、金利、比較、ランキング|2017年1月金利更新

  がんと診断されると住宅ローンの残高が半額になる保障が無料で付いてこの金利!変動金利年0.497%、10年固定金利0.540%!じぶん銀行の住宅ローン
2016-08-03 カテゴリー: 住宅ローン全般

発表!オリコン 住宅ローン借り換えランキング 2016年最新

 

オリコンが2016年最新の住宅ローンランキングを発表しました。

当サイトではまもなく発表?2016年の最新 オリコン 住宅ローン ランキングを予想! を公開していましたが、新生銀行の意外?な健闘により若干予想が外れた結果となりました。

 

  結果 当サイト予想
1位 ソニー銀行 住信SBIネット銀行
2位 イオン銀行 ソニー銀行
3位 新生銀行 イオン銀行

 

今回のランキングは過去5年以内に住宅ローン借り換えを行った5524人を対象とした調査であり、調査期間が

2016/05/26~2016/06/13
2015/03/18~2015/03/27
2014/03/31~2014/04/11

となっているため、昨年末以降に住宅ローンサービスを強化している、じぶん銀行やりそな銀行は上位に登場していません。

また、ちょっと気になったのが住信SBIネット銀行が昨年の3位から7位まで大きく今年のランキングを落としている点です。七十七銀行、大垣共立銀行などの地銀よりも低い順位となってしまっています。

イオン銀行や新生銀行が順位を上げてことを考えるともしかすると、ネット以外のリアル店舗の利便性がランキングに影響している可能性はあると推測します。

住信SBIネット銀行は2016年8月の適用金利で変動金利年0.497%、10年固定金利で年0.470%と国内最低水準の金利で、無料で疾病保障が付くなど、メガバンクや地銀と比較してもその優位性は高いと考えます。

 

この数か月、住宅ローン市場では下記のような大きな動きがあり、多くの方々が利用されており、昨年までとは住宅ローン市場のプレーヤーが様変わりしています。

じぶん銀行のよるガン保障付きおよび大胆な変動金利引き下げと(2016年8月現在 年0.497%)

りそな銀行の10年固定金利の大幅な引き下げ(2016年8月現在 年0.350%)

フラット35の大幅な住宅ローン金利引き下げ

これらの動きが2017年のオリコン 住宅ローン借り換えランキングに大きなランキング変動を及ぼす可能性がありそうです。

 

 

<注目の住宅ローン比較・ランキング・特集>

借り換えにおすすめの住宅ローンを金利・費用・利便性からランキング形式で紹介

ネットで人気の変動金利タイプの住宅ローン(新生銀行・イオン銀行・住信SBIネット銀行)を徹底比較

【最先端】がん保障・疾病保障付住宅ローンを変動金利で徹底比較

 

<人気住宅ローンの公式サイトはこちらから>

 

最新の住宅ローンの比較・ランキングはコチラ
住信SBIネット銀行の住宅ローン | ソニー銀行の住宅ローン | イオン銀行の住宅ローン | 新生銀行の住宅ローン | 楽天銀行の住宅ローン | ARUHI(旧SBIモーゲージ)の住宅ローン | じぶん銀行の住宅ローン
© 2017 住宅ローン比較. All rights reserved.