住宅ローン比較|借り換え、金利、比較、ランキング|2017年1月金利更新

  がんと診断されると住宅ローンの残高が半額になる保障が無料で付いてこの金利!変動金利年0.497%、10年固定金利0.540%!じぶん銀行の住宅ローン
2016-04-07 カテゴリー: 住宅ローン全般

住宅ローンの借り換えが急増、大手銀行への借り換え件数が前年同月比3.8倍へ

朝日新聞で三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行などの大手銀行(6行)に住宅ローンの借り換えの申込みを行った人の件数が、急増しているとの報道がありました。

2016年3月に上記大手銀行6行に住宅ローンの借り換えを申し込んだ人の数は、約2万3600件で、2015年3月の3.6倍まで急増したとのことです。前月(2月)の同様の調査では、前年同月比で1.8倍だったとの事ですので、3月に入って更に伸びていることがわかります。

 

上記の数値は三菱東京UFJ、三井住友、みずほ、りそな、三井住友信託、新生の各行の3月の申込件数を朝日新聞が集計したものとのことですのです。住宅ローンの新規の借り入れ件数の数値も好調ですが、借り換え程の伸び率は無いようで、同大手銀行に新規借り入れの住宅ローンを申し込んだのは約4万1700件で、1.2倍となっていますし、前年より減少している銀行もあったとの事です。

 

当サイトでも住宅ローン借り換えランキングなどでおすすめの住宅ローンを紹介していますが、これだけネット銀行の住宅ローンが強力な住宅ローンを提供している中で、やはりメガバンクなどの大手銀行で住宅ローンを借り入れる人たちの多さに驚きました。りそな銀行のネット専用の借り換え住宅ローンなど大手銀行も優れた住宅ローンを提供していることもありますが、やはり普段からの取引のある銀行で住宅ローンも借りる人が多いということですね。

 

これまでの付き合いで住宅ローンを借り入れる銀行を決めるのも1つの選択肢かもしれませんが、住宅ローンは長い期間付き合っていく金融商品です。少しの金利差や商品性が将来の生活に大きく影響がでることも考えられますので、しっかりと比較検討し、ご自身にあった住宅ローンを選びましょう。

 

<注目の住宅ローン比較・ランキング・特集>

借り換えにおすすめの住宅ローンを金利・費用・利便性からランキング形式で紹介

ネットで人気の変動金利タイプの住宅ローン(新生銀行・じぶん銀行・住信SBIネット銀行)を徹底比較

【最先端】がん保障・疾病保障付住宅ローンを変動金利で徹底比較

 

<人気住宅ローンの公式サイトはこちらから>

最新の住宅ローンの比較・ランキングはコチラ
住信SBIネット銀行の住宅ローン | ソニー銀行の住宅ローン | イオン銀行の住宅ローン | 新生銀行の住宅ローン | 楽天銀行の住宅ローン | ARUHI(旧SBIモーゲージ)の住宅ローン | じぶん銀行の住宅ローン
© 2017 住宅ローン比較. All rights reserved.