住宅ローン比較|借り換え、金利、比較、ランキング|2017年3月金利更新

  がんと診断されると住宅ローンの残高が半額になる保障が無料で付いてこの金利!変動金利年0.497%、10年固定金利0.500%!じぶん銀行の住宅ローン
2015-05-26 カテゴリー: 住宅ローン全般

ネット銀行の預金残高10兆円を超える

先日、楽天銀行 口座数がネット銀行として初めて500万口座を突破!の記事でも取り上げていますが、有人店舗を持たないネット専業銀行の預金残高が10兆円を超え、存在感を高めています。

これは、インターネット上でのショッピングなどが一般定着することや、店舗を持たないことによるローコスト化を金利面の優遇につなげたことを背景にしたもので、ネット専業銀行6行(住信SBIネット銀行・大和ネクスト銀行・楽天銀行・ソニー銀行・じぶん銀行・ジャパンネット銀行)の預金残高合計は、2015年3月末時点で、最大手の住信SBIネット銀行が1年前より16.2%増えて3兆5700億円、大和ネクスト銀行が27%、楽天銀行が22.6%、じぶん銀行が16.9%、ジャパンネット銀行が4.8%それぞれ増え、ソニー銀行を除く5行が軒並み増加しています。

また、6行合計の預金残高は10兆9700億円に上り、横浜や千葉などトップクラスの地方銀行に迫る規模にまで増えています。

特に住宅ローンは、金利を低くしたり、有人店舗を一部展開したりと、都市銀行や地方銀行に負けない商品性、サービス性を提供しており、住宅ローンの返済口座になることで、預金残高の増加に寄与していそうです。

しかしネット専業銀行が存在感を高めているのに対し、都市銀行や地方銀行もネットを通じたサービスを強化するなどし、競争は激化しています。目立つところとして、有人店舗を全国約130店舗展開しながら、ネット専業銀行に負けない低金利の住宅ローンを提供するイオン銀行の台頭など、有人店舗を持たないローコスト運営による差別化だけでは、優位性が取れない状況になっており、新たなサービスを打ち出していくことが課題となっています。今後もネット専業銀行の動向には注目したいです。

<ネット専業銀行のおすすめの住宅ローン公式サイト>

ソニー銀行公式サイト ・・・業界最低水準の変動金利、固定金利。オリコン顧客満足度No1

住信SBIネット銀行公式サイト・・・八疾病保障も付帯する超低金利住宅ローン

楽天銀行公式サイト・・・フラット35を考えるならここ。最低水準の金利&手数料。楽天ポイントも!


<その他、おすすめの住宅ローン公式サイト>

イオン銀行公式サイト・・・変動金利を業界最低水準。イオンでの買い物が5%OFFになるサービスも

 

 

最新の住宅ローンの比較・ランキングはコチラ
住信SBIネット銀行の住宅ローン | ソニー銀行の住宅ローン | イオン銀行の住宅ローン | 新生銀行の住宅ローン | 楽天銀行の住宅ローン | ARUHI(旧SBIモーゲージ)の住宅ローン | じぶん銀行の住宅ローン
© 2017 住宅ローン比較. All rights reserved.