住宅ローン比較|借り換え、金利、比較、ランキング|2017年1月金利更新

  変動金利年0.497%。がんと診断されただけで住宅ローンが半分になるがん50%保障団信はじぶん銀行だけ!
2016-02-19 カテゴリー: 住宅ローン全般

【速報】みずほ銀行も月途中での住宅ローン金利引き下げを発表/10年固定を0.15%引き下げ

みずほ銀行は昨日、2月18日に、普通預金と住宅ローンの金利を引き下げると発表しました。

引き下げにより「みずほネット借り換え住宅ローン」の金利は年0.875%となります。この引き下げは2月22日より適用となります。

日銀によるマイナス金利政策導入で長期金利が大きく低下する中で、住宅ローンサービスの環境は大きく変化しています。

月途中での住宅ローン金利引き下げは新生銀行、三井住友銀行、りそな銀行に続く動きとなり大手銀行では三菱東京UFJ銀行だけが静観を続けています。

みずほネット借り換え住宅ローンはメガバンク初となる、来店不要のネット完結の住宅ローンとなり注目を集めています。

 

仕事の多忙な方にとり、住宅ローン借り換え時の銀行訪問は何かをストレスを感じる方も多いと思います。

ネット専業銀行やりそな銀行、みずほ銀行が提供するネット完結の住宅ローンは休みがとりづらい方にはありがたいサービスとなります。

なお、昨年12月からはKDDIと三菱東京UFJ銀行の合弁会社である「じぶん銀行」が契約書すら不要という完全ネット完結の住宅ローンを提供するなど、我々利用者の選択肢は増えています。

マイナス金利政策導入で異常ともいえる歴史的低金利の今、住宅ローン比較を行い家計の見直しをぜひ行っていきましょう。

 

 

 

最新の住宅ローンの比較・ランキングはコチラ
住信SBIネット銀行の住宅ローン | ソニー銀行の住宅ローン | イオン銀行の住宅ローン | 新生銀行の住宅ローン | 楽天銀行の住宅ローン | ARUHI(旧SBIモーゲージ)の住宅ローン | じぶん銀行の住宅ローン
© 2017 住宅ローン比較. All rights reserved.