住宅ローン比較|借り換え、金利、比較、ランキング|2017年1月金利更新

  変動金利年0.497%。がんと診断されただけで住宅ローンが半分になるがん50%保障団信はじぶん銀行だけ!
2016-04-27 カテゴリー: 住宅ローン全般

【緊急特集】2016年5月の住宅ローン金利、注目ポイント2点とは?

いくつかの銀行で2016年5月の住宅ローン金利が発表されています。

多くの銀行は2016年5月は住宅ローン金利を過去最低金利を維持するとみてよいでしょう。

この中で当サイトとして、2016年5月の住宅ローン金利で注目したい点は2点あります。

 

①住信SBIネット銀行が変動金利を引き下げ、じぶん銀行に対抗するか

熾烈な変動金利の引き下げ競争を繰り広げている住信SBIネット銀行とじぶん銀行ですが、2016年4月にじぶん銀行が変動金利を0.071%引き下げ、0.497%としていました。

この じぶん銀行の引き下げで変動金利の金利水準はじぶん銀行が大きくリードする形となっています。

2016年5月はじぶん銀行の0.497%という金利水準に住信SBIネット銀行が太刀打ちしていくるかが最大の見所です。

 

 

 

②超長期固定の住宅ローン金利の引き下げ幅

超長期の長期金利が急激に低下していることはすでにお知らせしています。

止まらない長期金利低下、201年5月の住宅ローン金利も金利引き下げか

この超長期の金利低下を受け、フラット35を含め超長期固定の住宅ローン金利の低下(過去最低金利を更新)は必至な状況です。

過去最低金利を更新し、どこまで金利が下がるかに注目していきたいと思います。

フラット35の金利動向・予想は

2016年5月のフラット35の金利動向・予想【最低金利更新は確実!!】

を参考にしてください。

 

 

<おすすめの住宅ローン公式サイト>

じぶん銀行公式サイト

住信SBIネット銀行公式サイト

楽天銀行の公式サイト

ソニー銀行公式サイト

イオン銀行公式サイト

 

 <注目の住宅ローン比較・ランキング・特集>

借り換えにおすすめの住宅ローンを金利・費用・利便性からランキング形式で紹介

【特集】当初10年固定金利への借り換え効果の比較シミュレーション

ネットで人気の住宅ローン(変動金利)を徹底比較

最新の住宅ローンの比較・ランキングはコチラ
住信SBIネット銀行の住宅ローン | ソニー銀行の住宅ローン | イオン銀行の住宅ローン | 新生銀行の住宅ローン | 楽天銀行の住宅ローン | ARUHI(旧SBIモーゲージ)の住宅ローン | じぶん銀行の住宅ローン
© 2017 住宅ローン比較. All rights reserved.