住宅ローン比較|借り換え、金利、比較、ランキング|2016年12月金利更新

  がんと診断されると住宅ローンの残高が半額になる保障が無料で付いてこの金利!変動金利年0.497%、10年固定金利0.500%!じぶん銀行の住宅ローン
2013-09-14 カテゴリー: 不動産価格

東京オリンピック効果で湾岸マンション値上がりへ、2割上昇 も!?

最近のニュース記事で2020年の東京オリンピックの開催地が東京に決まったことで、競技施設が開発される東京都の湾岸エリアでは、マンションの価格の値上がりが予想されていると言うのを目にしました。オリンピック開催を目的としてインフラ整備が進み街の利便性が向上し、地価の上昇が見込まれることがその理由のようです。

 

東京オリンピックの主な施設は湾岸地域を中心に狭いエリアに建設を予定されています。東京オリンピック招致委員会の資料によると、東京圏にある33競技会場のうち28会場・ホテルが選手村から半径8キロ圏内に収めるきわめてコンパクトな大会になる事が決定しています。さらに今年の3月に東京都が発表した資料では、施設整備には官民合わせて3557億円となっています。

 

消費税の増税を前にマンション発売が好調な中で、今回のオリンピック開催が決まり、「東京の不動産価格は上がり、加速する可能性がある」との見方を示す専門家も増えています。特に湾岸エリアで値上がりした後は、千葉や神奈川など近隣県でも住宅購入の動きが広がるとの見方が示されているようです。

 

なお、不動経済研究所がまとめた2013年の7月の首都圏マンション発売戸数は約5300戸で7月としては2007年以来の6年ぶりの高水準です。

円安の進行、インフレ政策、東京オリンピック開催、自民党の参院選圧勝、そして消費税増税。日本経済が失われた10年・20年から脱却し前へ進む準備は着々と進んでいます。

 

住宅ローン金利が上昇するのであれば、その前に不動産価格の動きがあると考えるべきです。すでにマイホームを持ち住宅ローンを組んでいる人もご自身が住宅ローンとどう付き合っていくかを考える為にも今後の不動産価格の値動きに注目していきましょう。

最新の住宅ローンの比較・ランキングはコチラ
住信SBIネット銀行の住宅ローン | ソニー銀行の住宅ローン | イオン銀行の住宅ローン | 新生銀行の住宅ローン | 楽天銀行の住宅ローン | ARUHI(旧SBIモーゲージ)の住宅ローン | じぶん銀行の住宅ローン
© 2016 住宅ローン比較. All rights reserved.