住宅ローン比較|借り換え、金利、比較、ランキング|2016年12月金利更新

  がんと診断されると住宅ローンの残高が半額になる保障が無料で付いてこの金利!変動金利年0.497%、10年固定金利0.500%!じぶん銀行の住宅ローン
2013-07-04 カテゴリー: 不動産価格

売ること貸すことを意識した物件選び

みなさんはどのような点を重視して、物件を選び、住宅購入をするでしょうか。

間取り、日当たり、病院やスーパーマーケットからの距離、職場からの距離など様々な判断要素があると思います。

この要素の中に入れたほうが良いのは、万が一その物件に住まなくなった場合に、売却、賃貸への転用などを意識した物権選びです。

その物件が他人から見た場合に価値があるのか?という点にあると思います。

売却を想定した場合に残存住宅ローンを下回る売却金額になる可能性や、家賃収入が月々の住宅ローン返済金額を下回るようなことがあれば、家計を相当程度圧迫することになるでしょう。

購入を検討している物件周辺の中古物件価格や賃貸家賃なども購入前にしっかり確認しておきましょう。

もちろん将来どうなるかは分かりませんが、現時点でどうなっているか?をしっかり押さえなければ将来的にもっと厳しいことになることもありえます。

日本は少子高齢化が進み確実に住居を求める人の数が減ってきます。

これは不動産価格の押し下げ要因となります。

少子高齢化が進み、人口縮小時代が到達した場合には、不動産価格の優劣が今以上にはっきりと出てくることでしょう。

その意味でしっかりした物件選びをしましょう。

 

最新の住宅ローンの比較・ランキングはコチラ
住信SBIネット銀行の住宅ローン | ソニー銀行の住宅ローン | イオン銀行の住宅ローン | 新生銀行の住宅ローン | 楽天銀行の住宅ローン | ARUHI(旧SBIモーゲージ)の住宅ローン | じぶん銀行の住宅ローン
© 2016 住宅ローン比較. All rights reserved.