住宅ローン比較|借り換え、金利、比較、ランキング|2016年12月金利更新

  がんと診断されると住宅ローンの残高が半額になる保障が無料で付いてこの金利!変動金利年0.497%、10年固定金利0.500%!じぶん銀行の住宅ローン
2013-07-26 カテゴリー: 不動産価格

不動産「今が買い時だと思う」と考える人が6割以上

不動産仲介業の野村不動産アーバンネット株式会社は、2013年7月2日(火)~7月8日(月)、不動産情報サイト「ノムコム」の会員を対象とした「住宅購入に関する意識調査(第5回)」を実施し、その結果を発表しました。

【調査概要】

●調査時期:2013年7月2日(火)~7月8日(月)

●調査対象:不動産情報サイト「ノムコム」会員約20万人

●調査方法:インターネット

 

【調査結果のポイント】

●「不動産は買い時」と63.3%が回答  不動産について、「買い時だと思う」「どちらかと言えば買い時だと思う」を合わせ63.3%が「買い時」と回答。

前回調査(2013年1月)と比べると0.7ポイント減少しているものの、「買い時」感は高い水準で推移している。

買い時だと思う理由は、「今後、住宅ローンの金利が上がると思われる」が53.5%と最も多く、「今後、消費税の引き上げが予定されている」が47.3%と続いた。

●「不動産の価格は上がる」の回答が44.8%、「住宅ローン金利は上がる」の回答が68.4%に増加

不動産の価格については、「上がると思う」が44.8%と前回調査(2013年1月)の29.2%から15.6ポイント増加した。 「横ばいで推移すると思う」が29.4%と前回比で7.4ポイント減少、「下がると思う」が8.8%と前回比で6.7ポイント減少した。

住宅ローン金利については、「金利は上がると思う」が最も多く68.4%と前回比で28.8ポイント増加した。「ほとんど変わらないと思う」は18.6%と前回比で21.7ポイント減少、「現在の金利よりも下がると思う」は前回比で3.8ポイント減少した。

●アベノミクスにより住宅購入への影響があると59.1%が回答  「アベノミクスの影響等により、住宅購入への影響(購入意欲や購入時期など)はありますか」という設問に対し、59.1%の方が「影響がある」と回答した。

具体的な影響としては、「株価上昇や景気回復により購入意欲が高まった」や「不動産価格やローン金利の上昇前に購入したい」などの回答が目立った。

http://www.nomu.com/research/

 

 

 

最新の住宅ローンの比較・ランキングはコチラ
住信SBIネット銀行の住宅ローン | ソニー銀行の住宅ローン | イオン銀行の住宅ローン | 新生銀行の住宅ローン | 楽天銀行の住宅ローン | ARUHI(旧SBIモーゲージ)の住宅ローン | じぶん銀行の住宅ローン
© 2016 住宅ローン比較. All rights reserved.