住宅ローン比較|借り換え、金利、比較、ランキング|2017年1月金利更新

  変動金利年0.497%。がんと診断されただけで住宅ローンが半分になるがん50%保障団信はじぶん銀行だけ!
2015-05-18 カテゴリー: 不動産価格

愛知県の住宅着工件数が1万件割れへ

中日新聞の記事によると、新たに着工した住宅の数を示す、2014年度の愛知県内の「新設住宅着工戸数」が前年度比と比べて10%以上減少し、9734件だったとの事です。愛知県の年間の住宅着工件数が10000件を下回るのは、2012年度以来。消費税が増税となる前に着工が進みその反動減が主な要因とみられています。

 

また、愛知県の住宅課によると、「持ち家」が大幅に減少し、約20%減少、主に大企業の社宅などに使われる「給与住宅」も約14%減しているとの事です。その一方で、分譲マンションや建て売りなどの「分譲住宅」は9%程度増加、賃貸アパート・マンション用の「貸家」は3%程度増加しているとの事です。

 

こちらの記事は愛知県の状況ですが、全国的に見ても同様の傾向になると思われます。

 

住宅ローン市場においては、長く継続している低金利の影響により住宅ローンの借り換え需要は一巡したのではないかと言われています。そこに新築の住宅の着工件数も減少した場合、市場全体としては伸びる余地がなくなりますので、貸出先を求めている金融機関の間での住宅ローン獲得競争がさらに進む可能性がありますね。

 

当サイトでは、住宅ローンはもちろん不動産市場の動向についてご紹介していきたいと思いますので、ご参考にしてください。

 

最新の住宅ローンの比較・ランキングはコチラ
住信SBIネット銀行の住宅ローン | ソニー銀行の住宅ローン | イオン銀行の住宅ローン | 新生銀行の住宅ローン | 楽天銀行の住宅ローン | ARUHI(旧SBIモーゲージ)の住宅ローン | じぶん銀行の住宅ローン
© 2017 住宅ローン比較. All rights reserved.