住宅ローン比較|借り換え、金利、比較、ランキング|2017年1月金利更新

  変動金利年0.497%。がんと診断されただけで住宅ローンが半分になるがん50%保障団信はじぶん銀行だけ!
2016-02-22 カテゴリー: 不動産価格

マンション価格がバブル景気時を上回る過去最高値に/2015年全国マンション市場動向

不動産経済研究が2月22日に2015年の全国マンション市場動向を発表しました。

これによると全国で販売されたマンションは78,089戸となり、前年比で5,116戸、6.1%の減少となりました。

首都圏では40,449戸と前年比で9.9%もの減少となりました。

この減少はマンション価格の高騰にあるようです。

2015年の1戸辺りの販売価格は4,618万円と前年比で312万円・7.2%の価格上昇となりました。

これは資材価格や人件費の高騰がマンション価格に反映されたもので、価格上昇が販売動向に急ブレーキをかけたとみてよさそうです。

不動産経済研究では2016年の販売は3年ぶりの増加となり7.6%増の84,000戸を予想しています。

価格高騰の一方で直近では日銀によるマイナス金利政策導入で住宅ローン金利が低下しており、マンション販売の底支えの役割をしそうです。

ゼロ金利政策を先に導入しているデンマークやスウェーデンでは不動産価格が大きく上昇してる、日本においても不動産価格がさらに上昇する可能性はあります。

価格が上昇しているときこそ、物件の比較はもちろん、住宅ローン比較をしっかり行いたいですね。

 

<注目の住宅ローン比較・ランキング・特集>

借り換えにおすすめの住宅ローンを金利・費用・利便性からランキング形式で紹介

【特集】当初10年固定金利への借り換え効果の比較シミュレーション

ネットで人気の住宅ローン(変動金利)を徹底比較

最新の住宅ローンの比較・ランキングはコチラ
住信SBIネット銀行の住宅ローン | ソニー銀行の住宅ローン | イオン銀行の住宅ローン | 新生銀行の住宅ローン | 楽天銀行の住宅ローン | ARUHI(旧SBIモーゲージ)の住宅ローン | じぶん銀行の住宅ローン
© 2017 住宅ローン比較. All rights reserved.