住宅ローン比較|借り換え、金利、比較、ランキング|2016年12月金利更新

  がんと診断されると住宅ローンの残高が半額になる保障が無料で付いてこの金利!変動金利年0.497%、10年固定金利0.500%!じぶん銀行の住宅ローン
2013-06-21 カテゴリー: 経済全般

住宅ローン金利動向(2013年6月)

2013年6月の住宅ローン金利は、10年もの国債の金利が急上昇したため、10年以上の期間の長期固定金利があがっています。

今後さらに一段の上昇も予想されています。他方、変動金利や3年~5年程度の比較的期間の短い住宅ローン金利については、上昇していません。一般的には、長期金利の上昇が先行した後に短期の金利が追随する流れのため、今後短期金利の推移が気になりますね。

そんな中、各住宅ローンの金利動向も上記の動きに近く、変動金利や短期固定金利は据え置きまたは引き下げ。長期金利はあげてきている状況です。ただし、住信SBIネット銀行やソニー銀行等は上げ幅も小さく抑え、競争力の維持に努めている様子が伺えます。

現状は、日銀の金融政策と足元の景気を反映し、住宅ローン金利に動きがある状況です。7月以降、消費税増税も見据えつつ、金融機関およびユーザがどのような動きを見せるかが注目です。

参議院選挙も控え、安部政権や日銀の黒田総裁の発言・動向で、長期金利が動く可能性を秘めているタイミングと言えるでしょう。

肝心の住宅市況は非常に好調・活況です。今年の住宅市場は好況が予想されています。住宅ローン金利がまだ低い今のうちに、住宅の購入を検討するのは賢い選択かもしれません。

最新の住宅ローンの比較・ランキングはコチラ
住信SBIネット銀行の住宅ローン | ソニー銀行の住宅ローン | イオン銀行の住宅ローン | 新生銀行の住宅ローン | 楽天銀行の住宅ローン | ARUHI(旧SBIモーゲージ)の住宅ローン | じぶん銀行の住宅ローン
© 2016 住宅ローン比較. All rights reserved.