住宅ローン比較|借り換え、金利、比較、ランキング|2016年12月金利更新

  変動金利年0.497%。がんと診断されただけで住宅ローンが半分になるがん50%保障団信はじぶん銀行だけ!
2014-06-04 カテゴリー: 経済全般

2014年4月新設住宅着工戸数は前年比マイナス3.3%

国土交通省が5月30日に発表した2014年4月の新設住宅着工戸数は前年同月比で3.3%減の7万5,286戸となり、減少幅は前年の住宅エコポイントで伸びた反動で落ち込んだ2012年8月以来の大きさでした。 減少は3月に続き、2カ月連続であり、消費増税による駆け込み需要の反動減が要因とみられています。 しかし、減少幅は前回の消費税増税時の減少幅9.3%(1997年4月)より大幅に小さく、景気回復や各種減税により住宅購入意欲が底堅いことが見て取れます。 少子高齢化により住宅を購入する勤労世帯の数は減っていることも考えると、その底堅さが見て取れます。  内訳としては、持ち家は16.1%減の2万3,799戸、分譲住宅は7.8%減の1万9,710戸といずれも3カ月連続のマイナス、貸家は12.0%増3万1,177戸と14カ月連続で増。 中古マンション価格や首都圏マンション発売などの各種動向も住宅需要が一服していることを示しており、今後の住宅価格の動向に注目が必要です。
最新の住宅ローンの比較・ランキングはコチラ
住信SBIネット銀行の住宅ローン | ソニー銀行の住宅ローン | イオン銀行の住宅ローン | 新生銀行の住宅ローン | 楽天銀行の住宅ローン | ARUHI(旧SBIモーゲージ)の住宅ローン | じぶん銀行の住宅ローン
© 2016 住宅ローン比較. All rights reserved.