住宅ローン比較|借り換え、金利、比較、ランキング|2016年12月金利更新

  がんと診断されると住宅ローンの残高が半額になる保障が無料で付いてこの金利!変動金利年0.497%、10年固定金利0.500%!じぶん銀行の住宅ローン
2013-10-15 カテゴリー: 経済全般

投資家は物価上昇(金利上昇)を確実視? 5年ぶりの物価連動債が人気

財務省は10月8日に、元本や受け取る利息が物価に応じて変わる物価連動債(物価連動国債)を発行しました。

新規の発行はリーマンショックで発行を中断した2008年8月以来で約5年ぶりとなります。

発行予定額3,000億円に対し1兆1231億円の応募(倍率3.7倍)となり、 日銀の大規模金融緩和や足元での円安を背景に物価は上昇しており、金利先高感から投資家の人気を集めた模様です。

 

物価連動際は元本などが消費者物価に伴って変動するもので、物価が上昇しても同じ割合だけ元本も増え、実質の価値は変わらない特徴があります。

同日に発行した物価連動国債には元本保証をつけ、物価が下がっても元本を保証する商品設計になっています。

 こうした商品設計上の特性と、政府日銀が一体となって金利を引き上げる政策を取っていることが好調な要因と言えるでしょう。

 

毎月発表される消費者物価指数や長期金利などは今後の住宅ローン金利動向を予想、推測する上で非常に重要ですが、こうした債券の人気の度合いもチェックする必要がありそうです。

投資のプロが金利が上昇すると考えれば、通常の国債と比較して、物価連動国債への人気が顕著になるはずです。

 

<人気コンテンツ>

当初10年固定金利への借り換え効果を検証。人気の住宅ローンを徹底比較!

フラット35で金利上昇リスクを抑える。フラット35取り扱い高No1!の金融機関はこちら!

 

 

最新の住宅ローンの比較・ランキングはコチラ
住信SBIネット銀行の住宅ローン | ソニー銀行の住宅ローン | イオン銀行の住宅ローン | 新生銀行の住宅ローン | 楽天銀行の住宅ローン | ARUHI(旧SBIモーゲージ)の住宅ローン | じぶん銀行の住宅ローン
© 2016 住宅ローン比較. All rights reserved.