住宅ローン比較|借り換え、金利、比較、ランキング|2016年12月金利更新

  がんと診断されると住宅ローンの残高が半額になる保障が無料で付いてこの金利!変動金利年0.497%、10年固定金利0.500%!じぶん銀行の住宅ローン
2014-09-25 カテゴリー: 経済全般

円安再開で住宅ローン金利は上昇へ?!/2014年秋から2015年動向

円安の流れが止まりません。

市場が常に行き過ぎるものであり、今回の円安局面もどこまで円安が進むのか目が離せません。

この円安の金利の影響ですが、基本的には円安の進行は金利が上昇します。

これは円安によりガソリン、電気や輸入品の価格上昇により物価が上昇するためです。

ご存じのように現在日本では日銀が物価上昇2%という目標を掲げて大規模な金融緩和をしていますが、円安による物価高はこの目標により近づくことになります。

当然のことではありますが、物価が2%上昇するということは金利が同じ幅で上昇する可能性はあります。

日本においては膨大な財政赤字があるため急激な金利上昇は許容できないという状況もあり、政府も日銀も急激な金利上昇をなんとしても抑え込もうとするでしょう。

しかしながら、2%の物価上昇が達成した暁には、長期金利が1%台に達することは間違いないでしょう。

こうした長期金利が実現した場合には住宅ローン金利はどうなるのでしょうか?

2009年5月の長期金利は1.5%程度でした、この際のソニー銀行の住宅ローン金利をご紹介したいと思います。

変動金利;1.661%

10年固定金利;2.269%

20年固定金利;2.558%

35年固定金利;2.664%

2014年9月のソニー銀行の適用金利と比較して、0.8%高い金利となっています。

 住宅ローン借り入れ後に金利が変わらなかったとすると、変動金利1.661%で借り入れをすると、毎月の返済額は¥109,946であり、総返済額は¥46,182,846です。

一方で2014年9月の適用金利である、0.889%で借りた場合には、毎月のご返済額は¥96,999であり、¥40,742,047です。

長期金利がさらに上昇し、2.5%となると住宅ローンに掛かる金利への利息が雪だるま式に増えるため、総返済額も急増します。

 

いかがでしょうか?

円安は海外旅行に不利になるだけではありません。ぜひ為替市場も意識しながら住宅ローン選び・借り換えを行っていきましょう。

なお、当サイトではドル円で120円突破を予想しています。

 

<人気の住宅ローン>

初期費用の低さが魅力、新生銀行の住宅ローンはこちら!

2013年9月の10年固定金利は脅威の年1.25%!住信SBIネット銀行はこちら

変動金利~10年固定金利まで業界最高水準の金利設定!イオン銀行はこちら

 

<人気の住宅ローンの比較・ランキング(特集)>

借り換えユーザにおすすめしたい住宅ローンをランキング形式で紹介

当初10年固定金利への借り換え効果は?。人気住宅ローンを徹底比較!

最新の住宅ローンの比較・ランキングはコチラ
住信SBIネット銀行の住宅ローン | ソニー銀行の住宅ローン | イオン銀行の住宅ローン | 新生銀行の住宅ローン | 楽天銀行の住宅ローン | ARUHI(旧SBIモーゲージ)の住宅ローン | じぶん銀行の住宅ローン
© 2016 住宅ローン比較. All rights reserved.