住宅ローン比較|借り換え、金利、比較、ランキング|2017年1月金利更新

  変動金利年0.497%。がんと診断されただけで住宅ローンが半分になるがん50%保障団信はじぶん銀行だけ!
2016-03-09 カテゴリー: 経済全般

長期金利過去最低をさらに更新ついに”-0.10%”以下へ

 
2016年3月8日の日本国債マーケットで国債購入の動きが加速、長期金利(10年もの国債利回り)が、▲0.1%まで低下しました。1月29日に日銀マイナス金利導入が決定され、2月16日から実務的にもマイナス金利が導入されてから1カ月弱、いよいよマイナス金利が本格化してきましたね。
 
 
今後のマイナス金利政策の影響は、専門家の中でも見解に違いが表れており、今後の日銀マイナス金利政策がマーケットにどのような動きを与えるかは依然として不透明ですが、アジアの株式市場が下落・低迷していること等に起因して、引き続き日本国債が買われる(→金利・利回りが下がる)と見解の方が多いように感じます。
 
住宅ローンをこれから検討する人・借り換えを検討している人にとっては非常に有利な状況が続きそうなのは間違いありません。「政府が住宅ローンの金利をわざわざ引き下げてくれた」状態にあるわけですから、利用しない手はありません。
 
しっかりとご自身にあった住宅ローン選びを行って、借り入れ・借り換えを行っていただければと思います。
 
最新の住宅ローンの比較・ランキングはコチラ
住信SBIネット銀行の住宅ローン | ソニー銀行の住宅ローン | イオン銀行の住宅ローン | 新生銀行の住宅ローン | 楽天銀行の住宅ローン | ARUHI(旧SBIモーゲージ)の住宅ローン | じぶん銀行の住宅ローン
© 2017 住宅ローン比較. All rights reserved.