住宅ローン比較|借り換え、金利、比較、ランキング|2017年3月金利更新

  変動金利年0.497%。がんと診断されただけで住宅ローンが半分になるがん50%保障団信はじぶん銀行だけ!
2015-07-09 カテゴリー: 経済全般

中国バブル崩壊?中国株価暴落で住宅ローン金利への影響は?!

中国の株価が暴落しています。

6月半ばに上海株価総合指数は5,000を超えていましたが、直近では3,500程度まで下落しており、1か月間で30%も暴落したとことなります。

ご参考までに上海株価総合指数のこの4カ月余りの株価チャートを載せます。

shanhai

 ※出典 サーチナ

 

現在、ギリシャ危機と中国バルブ崩壊かというニュースがマスコミを賑わせています。しかし、日本経済・世界経済を考えた場合には中国経済の方が影響は遥かに大きいです。

これはその経済規模のためです。ギリシャの経済規模(国内総生産GDP)は神奈川県程度にすぎず極めて小さい一方で、中国は世界2位の規模であり急激な経済発展により世界の多くの企業が中国に進出しています。

身近な映画を事例に中国の経済規模が如何に大きくなっているかご紹介しましょう。

movie※出典 日本経済新聞

 

 このランキングを見ると中国という市場が世界2位であることがうなずけます。

この規模でさらに毎年7%程度の高い経済成長をしている訳ですから、利益を追う企業としては「中国、中国」と中国へ進出していることが分かります。

中国進出無くして、成長できないと言っても過言ではない状況です。

 

中国株の問題は外資による売買は極めて低いシェアしか中国政府から許可されていなく、世界的に見ても異常なまでの個人投資家の売買が多くを占めます。

このため株価の上げ下げは中国消費者の消費活動に直結します。

日本国内の爆買ももちろんそうです。

中国経済に株価暴落⇒消費低迷⇒経済低迷というスパイラルの陥った場合にはリーマンショックの比では無くなり、アメリカは再度大規模な金融緩和に踏み切ることになるでしょう。

この際には強烈な円高に振れるため政府・日銀も更なる金融緩和を実施することとなるでしょう。

経済が大混乱に陥り、日本国内の不動産株価も急落するとともに金利もさらに低位な水準となると思われます。

結果的に住宅ローン金利の低下や住宅ローン控除の拡充などの動きとなるでしょう。

しかしながら、こうした経済状況になれば私たちの収入が落ち込み、住宅ローン審査も厳しくなるため絶対に考えたくない展開言えます。

 

今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

<当サイトおすすめの住宅ローン公式サイト>

ソニー銀行公式サイト ・・・業界最低水準の変動金利、固定金利。オリコン顧客満足度No1

住信SBIネット銀行公式サイト・・・八疾病保障も付帯する超低金利住宅ローン

イオン銀行公式サイト・・・変動金利を業界最低水準。イオンでの買い物が5%OFFになるサービスも

楽天銀行公式サイト・・・フラット35を考えるならここ。最低水準の金利&手数料。楽天ポイントも!

りそな銀行公式サイト・・・大手銀行らしからぬ超強気の住宅ローン金利設定。安心とおトクを両立

 

<注目の住宅ローン比較・ランキング・特集>

ネットで人気の住宅ローン(変動金利)を徹底比較

借り換えにおすすめの住宅ローンを金利・費用・利便性からランキング形式で紹介

【特集】当初10年固定金利への借り換え効果の比較シミュレーション

最新の住宅ローンの比較・ランキングはコチラ
住信SBIネット銀行の住宅ローン | ソニー銀行の住宅ローン | イオン銀行の住宅ローン | 新生銀行の住宅ローン | 楽天銀行の住宅ローン | ARUHI(旧SBIモーゲージ)の住宅ローン | じぶん銀行の住宅ローン
© 2017 住宅ローン比較. All rights reserved.