住宅ローン比較|借り換え、金利、比較、ランキング|2017年1月金利更新

  変動金利年0.497%。がんと診断されただけで住宅ローンが半分になるがん50%保障団信はじぶん銀行だけ!
2016-07-06 カテゴリー: 経済全般

【速報】超長期の国債が初めてマイナス金利に

7月6日の債券市場では株安・円高の流れを受け国債が買われ、超長期の国債である、20年国債の利回りが一時マイナス0.05%と史上初めてマイナスとなりました。

また、同様に長期金利の指標である10年国債の利回りも一時マイナス0.275%まで低下しました。

この流れは先月末のイギリスのEU離脱決定による世界的な株安がまだ尾を引きずっているものです。

20年という超長期の国債の利回りがマイナスとなるインパクトは大きく、先ほどからYahoo!のTOPページでも紹介されています。

※クリックいただけると画像が大きく表示されます。

yahoo20160706

海外でも米国において10年国債の利回りが史上最低となる、1.36%まで低下したり、スイスでは50年国債の利回りが一時マイナス0.003%まで低下するなどの流れとなっています。

長期金利の低下は世界的なものであり、短期的に金利が低下する気配がほとんどないと言える状況になりつつあります。

それどころか、スイスの例は極端であるとしても、超長期の国債の利回りが低下傾向になるため、住宅ローンの超長期の固定金利が引き下げられることに結びつきます。

6月からの20年国債の利回りをご紹介したいと思います。

tyoutyoukikinri_201606-7-2

この1ヶ月で0.2%程度の金利下落となっていることが分かります。また、30年や40年国債の利回りですら、マイナスに近づいている状況です。

現在起きている、長期金利の下落はまさに歴史に残るレベルと言え、これを背景に住宅ローン金利も未曾有の水準に突入してることが読み解けます。

来週後半にはソニー銀行が2016年8月の住宅ローン金利を発表します。

長期金利の下落に連動し、20年、30年超えの住宅ローン金利が1%を切る水準となることは間違いなさそうです。

 

<注目の住宅ローン比較・ランキング・特集>

借り換えにおすすめの住宅ローンを金利・費用・利便性からランキング形式で紹介

ネットで人気の変動金利タイプの住宅ローン(新生銀行・イオン銀行・住信SBIネット銀行)を徹底比較

【最先端】がん保障・疾病保障付住宅ローンを変動金利で徹底比較

 

<人気住宅ローンの公式サイトはこちらから>

 

 

最新の住宅ローンの比較・ランキングはコチラ
住信SBIネット銀行の住宅ローン | ソニー銀行の住宅ローン | イオン銀行の住宅ローン | 新生銀行の住宅ローン | 楽天銀行の住宅ローン | ARUHI(旧SBIモーゲージ)の住宅ローン | じぶん銀行の住宅ローン
© 2017 住宅ローン比較. All rights reserved.